商品情報にスキップ
1 3

アンディ・ウォーホル「雨と花」、1970年カラー3Dレンチキュラープリント、額装

アンディ・ウォーホル「雨と花」、1970年カラー3Dレンチキュラープリント、額装

通常価格 $13,500.00 USD
通常価格 $15,000.00 USD セール価格 $13,500.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。
アンディ・ウォーホル
雨と花、1970
発行されたままの厚手の織紙に置かれたカラーの 3D レンチキュラー プリント
画像: 12 x 11 インチ
フレーム: 13 1/4 x 12 1/4 インチ
裏面に紫色のインクで刻印: 「大阪 70 で開催されるアート & テクノロジー プロジェクトの一環として、アーティストのアンディ ウォーホルがカウルズ コミュニケーションズの Xograph 3-D 部門およびロサンゼルス郡立美術館と協力して作成した雨と花の建設の詳細」
大阪70を記念してカウルズ・コミュニケーションズとロサンゼルス郡立美術館より発行
UV プレキシガラスを使用したフローティング アーカイブ メタル フレーム。

文学
東京都現代美術館編、アンディ・ウォーホル 1956-1986: 彼の時代の鏡、東京、1996 年、図版 183 ページ。 Matt Wrbican、「Andy Warhol: A Documentary Film」American Masters、PBS.org オンライン コンテンツ、2006 年 9 月 20 日

展示会
大阪、米国パビリオン、万博 '70、1970

1969 年 2 月、アンディ ウォーホルはモーリス タッチマンおよびロサンゼルス郡立美術館の美術キュレーターと会い、独創的なアートとテクノロジーのプロジェクトに協力しました。 1969 年 6 月までに、アンディ ウォーホルはニューヨークのカウルズ コミュニケーションズとつながり、LACMA と契約して、AT&T 向けの作品を作成し、特に大阪の EXPO 70 で展示され、その 1 年後に LACMA で展示されました。 「1969 年 2 月、ウォーホルは数日間ロサンゼルスを訪れ、企業を調査するために私たちと会いました。私たちはレーザーを使って 3D 画像を作成するという考えを彼に話しましたが、ウォーホルは明らかに興味をそそられました。ニコラス・ワイルダー・ギャラリーでウォーホルが私たちと一緒に見たブルース・ナウマンによる自画像ホログラムの展示; ウォーホルはナウマンのイメージに非常に魅了されたようで、これは彼が追求するであろう効果の種類を視覚化する際の基準点として役立ちました。」 - モーリス・タッチマン: ロサンゼルス郡立美術館の芸術と技術プログラムに関する報告書、1967 年から 1971 年 1969 年 8 月、アンディ・ウォーホルは花の画像を利用することを決定し、Cowles Communications によって「Xography」と呼ばれるレンチキュラー写真プロセスを作成しました。彼はそれを連続的に繰り返すことができました。レンチキュラープリントインスタレーションはニューヨークで制作され、大阪とロサンゼルスに運ばれました。 1969 年 11 月、ニューヨーク市で、アンディ ウォーホルはレイン マシーンの製造者モーリス タックマンと会いました。このインスタレーションのために、ウォーホルは 5 枚の異なる 4 × 8 フィートのパネルを作成し、2 つの平行な水層と、気の遠くなるような模擬雨の効果とともに展示しました。大阪インスタレーションに関する批判の 1 つは、画像によって伝えられる奥行きの錯覚が約 10 フィートに限定されていたことでした。 LACMA の展示では、ウォーホルは以前に使用された 4 つのデイジー レンチキュラー画像の代わりに 1 つのデイジー レンチキュラー画像を選択しました。
詳細を表示する